気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

→東洋医学の基礎-1
  陰陽五行(その1)
→東洋医学の基礎-2
  陰陽五行(その2)
→東洋医学の基礎-3
  陰陽五行(その3)
*クリックで
各ページへ
→東洋医学の基礎-4
  陰陽五行(その4)
→東洋医学の基礎-5
  陰陽五行(その5)
→東洋医学の基礎-6
  陰陽五行(その6)
→東洋医学の基礎-7
  陰陽五行(その7)
→東洋医学の基礎-8
  陰陽五行(その8)
→東洋医学の基礎-9
  陰陽五行(その9)

東洋医学の基礎―9

陰陽五行(その9)

1. 経絡の概念

  • 経絡は経脈と絡脈の総称
  • 経は路(路)という意味で、経脈は経絡系統の主要幹線
  • 絡は網絡(ネット)という意味で、絡脈は経脈の分支
  • 経脈は絡脈とあわせて全身に分布している
  • 経絡は全身の気血を運行し、臓腑と体の上下内外とにつながっていて、 体内の各部を調節するための通路

 

2.経路の構成

  • 経脈 :正経「十二経脈」、奇経「奇経八脈」
  • 絡脈 :別絡、浮絡、孫絡
  • その他:十二経別、十二経筋、十二皮部
経路の構成

 

3.正経「十二経脈」の名称と分類

正経「十二経脈」の名称と分類
  十二経脈の分類 循行部位
陰経行:内側、陽経行:外側
陰経 陽経
太陰肺経 陽明大腸経 上肢 前綫
厥陰心包経 少陽三焦経 中綫
少陰心経 太陽小腸経 后綫
太陰脾経 陽明胃経 下肢 前綫
厥陰肝経 少陽胆経 中綫
少陰腎経 太陽膀胱経 后綫

※前綫・中綫・后綫は、体の空間を分けたもの

 

4.十二経脈の分布部位と主な病、症
  (分布は複雑なので省略)

十二経 主な症状
手太陰肺経 胸が苦しい、膨脹感、喘息、せき、イライラ、手のひらが熱い、頻尿で少量、喉が渇く、喉が腫れる、痛い、肩、背中が痛い、など
手陽明大腸経 下の歯が痛い、喉が腫れ痛い、鼻血が出る、鼻水が流れる、口が乾燥している、目が黄色くなる、首が腫れる、肩が痛い、あるいは運動障害、など
足陽明胃経 汗が出る、但し高熱が下がらない。鼻血が出る、口唇及び口内潰瘍、よだれがでる、頭痛、首が腫れる、音に対する恐怖感、お腹が張る感じ、腹水、足の甲及び第3足指が痛い、あるいは運動障害、など
足太陰脾経 舌が回りにくい、食後嘔吐感がある、疲れやすい、あるいは無気力、体が重い、食欲が低下、お腹が張る感じ、大便は下痢気味、足の内側が腫れ、あるいは冷える、足親指の運動障害、黄疸、など
手少陰心経 心臓の痛み、喉が渇く、胸、脇が痛む、目が黄色い、手の平が熱い、など
手太陽小腸経 耳が遠い、目が黄色い、のどが痛い、下のあご及び首の腫れと痛みが原因で首が回らない、など
足太陽膀胱経 頭と首がつっぱり、痛む、痔、目が黄色い、涙が出る、眼球が脹痛、半身不随、足の小指が痛い、あるいは運動障害、など
足少陰腎経 息切れ、咳で血が出る、頭が酔った感じ、めまい、恐怖心が強い、口、舌が乾燥している感じ、喉が渇く、脹れ、痛い、イライラ、下痢、腰痛、下半身無気力、足の裏が熱い、心臓が痛い、など
手厥陰心包経 心悸、イライラ、胸と脇が痛い、精神的異常、両腕の痙攣、手のひらが熱い、脇が脹れる、顔が赤くなる、目が黄色い、など
10 手少陽三焦経 耳が遠い、喉が脹れ、痛い、両側のあごと耳の後ろが痛い、肩、手の小指が痛い、あるいは運動障害、汗が出る、など
11 足少陽胆経 寒気と熱が交互に表れる、口が苦い、ため息が多い、脇が痛い、偏頭痛、尻、膝、第四の足指が痛い、あるいは運動障害、など
12 足厥陰肝経 脇が痛い、胸が脹満感、嘔吐、下痢、ヘルニア、尿が出ない、腰痛、婦人の下腹痛、など
経路と症状

症状がでると、その経絡につながっている臓腑から悪い気が出た結果であり、
いずれ臓腑に病気が発生するという警告である

※ 陰脈の気の流れは、下→上、上→下(逆流)と両方に流せる(血管との大きな違い)

 

5.奇経「奇経八脈」

  • 陰践
  • 陽践
  • 陰維
  • 陽維

 

6.絡脈

(1)別絡 : 十二経脈と任、督、脾之大絡を合わせた十五脈

(2)浮絡 : 表面にある絡脈、西洋医学の表面神経のこと

(3)孫絡 : 絡脈の中で最も小さい分支、毛細血管にあたるもの

 

7.その他

(1)十二経別:十二経脈から少しはずれた正式の経、同じく経脈範囲内のもの

(2)十二経筋:十二経脈を通るところの筋肉系統

(3)十二皮部:十二経脈の皮膚表面特点反射地域(ツボが管理する面積=神経の支配地域)

※ 以上の三部分は十二経の位置と一致しているため、名前も十二経脈と同じ

 

Topに戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功