気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

→東洋医学の基礎-1
  陰陽五行(その1)
→東洋医学の基礎-2
  陰陽五行(その2)
→東洋医学の基礎-3
  陰陽五行(その3)
*クリックで
各ページへ
→東洋医学の基礎-4
  陰陽五行(その4)
→東洋医学の基礎-5
  陰陽五行(その5)
→東洋医学の基礎-6
  陰陽五行(その6)
→東洋医学の基礎-7
  陰陽五行(その7)
→東洋医学の基礎-8
  陰陽五行(その8)
→東洋医学の基礎-9
  陰陽五行(その9)

東洋医学の基礎―8

陰陽五行(その8)

1.西洋医学の捉え方

(1)循環

  • 血液
  • リンパ液
  • 組織

(2)血液

  • 動脈
  • 静脈

(3)血液循環のエンジン : 心臓(ここから物磁場を送って、心臓を動かして血流を送る) (穾房結=洞結節)

(4)血液の流れ : 動脈(上 → 下へ流れる)          静脈(下 → 上へ流れる)

(5)血液の切り替わり : 手先、足先の毛細血管で切り替わる

(6)弁膜

弁膜

血管壁が厚くなると弁膜に溜まっている血液が少なくなる。
             ↓
周囲の組織と栄養のチェンジができにくくなる
(新陳代謝)

  • (西洋)人間の身体をコントロールしているものは脳とホルモン
    ホルモンは、脳に影響されやすいホルモン(副腎皮質ホルモン)と されにくいホルモンがある

 

2.東洋医学の捉え方

  • 血液 : 毛細血管を全てつなぐと地球一周分の長さになる
  • 骨   : 200本
  • 筋肉 : 300

 

(1)循環

  • 気(最重要)
  • リンパ

 

(2)気が循環しているから、血液が流れている
   血液は気の基本である

  • 血液がなければ気は作られない(血は気の母である)
  • 気がなければ血液は流れない(気は血の主人である)

   血と気は持ちつ持たれつの関係

 

(3)血液の流れ → 血管(動脈・静脈)
   気の流れ  → 経絡(気が流れている) 陽の経絡と陰の経絡

(4)気の循環のエンジン : 任脈・督脈が気をコントロールしている

(5)気の流れ : 陽の経絡は、上から下に流れる
   陰の経絡は、下から上に流れる

(6)気の切り替わり : 手、足で切り替わる

気の切り替わり:手、足で切り替わる

血管の弁膜は血液を集める働きをする
経絡のツボは気を集め、ツボの周囲を刺激する

大きな経絡の中を、気は1時間で3~4回前後循環している

 

Topに戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功