気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

→東洋医学の基礎-1
  陰陽五行(その1)
→東洋医学の基礎-2
  陰陽五行(その2)
→東洋医学の基礎-3
  陰陽五行(その3)
*クリックで
各ページへ
→東洋医学の基礎-4
  陰陽五行(その4)
→東洋医学の基礎-5
  陰陽五行(その5)
→東洋医学の基礎-6
  陰陽五行(その6)
→東洋医学の基礎-7
  陰陽五行(その7)
→東洋医学の基礎-8
  陰陽五行(その8)
→東洋医学の基礎-9
  陰陽五行(その9)

東洋医学の基礎―7

陰陽五行(その7)

1.体の陰と陽

(1)体の中には陰も陽も含まれている(陰でもない陽でもない状態)が、体の部分を対立させ比較することで
   陰、または陽となる。

  • 例) 胸(陰)と背中(陽)
  • 手の平(陰)と手の甲(陽)
  • 腕の内側(陰)と外側(陽)
  • 足の裏(陰)と表(陽)
  • 腿の内側(陰)と外側(陽)

 

(2)陰陽の切り替わり

  • 体の表面は、陰の部分と陰の部分が、陽の部分と陽の部分がつながっている。
    体の中で、陰と陽が切り替わる(交差)ところは、足の爪、手の爪、口中の歯、など硬い部分であり、人間は進化すると、爪と歯が退化して、陰と陽が小さくなる(=性別がなくなる)
  • 爪や歯が無くなると陰陽のつながりがスムーズでなくなる。

 

2.陰と陽の流れ

(1)水は上から下へ流れ、血液は上から下へ、下から上へ戻って循環するように、気も体の中を流れ循環している。

(2)気の流れには、陰と陽の流れがあり、上に昇っていくのが陽の流れ、下に降りていくのが陰の流れとなる。

(3)川に本流と支流があり、気にも大きな流れと小さな流れがある。

  • 大きな流れを経絡といい、それぞれ名前がついている。
  • 経絡は陰と陽の中にあって、ルールにもとづいて、気が流れる壁(血液が流れる血管の ようなもの)。

 

3.気の溜まるところ

(1)血管の中には弁膜があるが、弁膜がないと血液が溜まらないため、血液が運んだ栄養が血管に吸収されないため、周りの組織が死んでしまう。

  • 弁膜があるから血液のチェンジ(良いものを吸収して悪いもの出す)ができる。
  • 血管の壁に中性脂肪がたまり厚くなると、血液が溜まりにくくなり、周りの組織の 新陳代謝が悪くなって、活性酸素が発生して病気になる

 

(2)経絡にも、気が溜まる場所(弁膜のような)がある → ツボ

  • ツボに刺激を与えると経絡を通して、周りの組織に栄養を与えることができる
  • 組織の栄養が不足したり、新陳代謝が悪くなる場合は、ツボを刺激すると有効
    腱鞘炎などは鍼治療によるツボの刺激がよいが、背骨がすべて痛い場合や、骨が変形するような場合には、ツボ治療は意味がない
  • そのような場合には、気功が有効であり、気を上手く使って経絡を刺激し、 全体に循環させて、経絡を整えればツボを刺激する必要がない

 

(3)体には陰と陽があり、陰と陽の上で、気が流れている道を経絡という

  • 気の集まる場所(弁膜のような)をツボという

 

(4)人間の体は宇宙の縮小図(小宇宙)

1年間365日  → ツボの数は365
1年は12か月 → 経絡の数は12

 

Topに戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功