気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

→東洋医学の基礎-1
  陰陽五行(その1)
→東洋医学の基礎-2
  陰陽五行(その2)
→東洋医学の基礎-3
  陰陽五行(その3)
*クリックで
各ページへ
→東洋医学の基礎-4
  陰陽五行(その4)
→東洋医学の基礎-5
  陰陽五行(その5)
→東洋医学の基礎-6
  陰陽五行(その6)
→東洋医学の基礎-7
  陰陽五行(その7)
→東洋医学の基礎-8
  陰陽五行(その8)
→東洋医学の基礎-9
  陰陽五行(その9)

東洋医学の基礎―5

陰陽五行(その5)

1.実証と虚症(復習)

実証と虚症(復習)

血圧の例

血圧の例

 

2.東洋医学の治療

東洋医学の治療

 

3.漢方治療

漢方治療

← 内科、外科などにわかれ、4つの診断法を使って診察する。
  1.問診:細かく質問する
  2.聴診:声、咳、呼吸の状態を診断する
  3.視診:皮膚の色つや、分泌物の状態など外見を観察する
  4.触診:脈を診るなど身体にさわって診察する

← 常時使われている薬の種類は365種
  薬草の特性を加味して処方する
   陰性|陽性
   補う|流す
   強い|弱い など

← 常備している薬の種類は1000種以上
   匂いによって薬効性がちがってくる(匂いをチェック)
   薬草の採れた場所・方角・保存期間などが影響
   10〜15種の薬草を調合しその人の症状にあった薬を作る
   調合することで総合力を増し調和をはかる

  倉庫:薬ごとに1000の箱に収められて常温で保管
   夏は、土を掘って8〜10度に保つ

  工事部:薬草をすりつぶし粉末にする

  抓(つかむ)薬:すりつぶした粉末の薬

  煎薬:すりつぶした薬を土鍋に入れ、煎じてエキスを出したもの
   薬草の種類に応じた火加減が重要

「本草綱目」ほんそうこうもく 〜 漢方の薬の性質を書いた本(和訳版あり)
    1万種類以上の薬草の写真と機能、陰性・陽性などの属性が載っている
    十数種類もの薬草を調合して、患者にあった薬を作るので、副作用は書かれ
    ていない(副作用は調和することでなくなる)

 

4.東洋医学の考え方(構成)

(1)内臓それぞれの部分には陰と陽がある(五臓と六腑を比べて陰、または陽)
陰陽のバランスは五行の関係にもとづき整える 五臓のバランス、六腑のバランスは五行の関係にもとづき整える

(2)五行の関係で五臓、六腑の間の経絡を整える
経絡には陰の経絡、陽の経絡があり、陰の経絡、陽の経絡は体の中心にある任脈、督脈で整える 任脈、督脈は水・気・血でコントロールする

(3)水・気・血は東洋医学の基本である

 

5.東洋医学の3本柱

(1)気・血・水のバランスを整えた後に、経絡を整える

東洋医学の3本柱

(2)任脈と督脈は陰と陽の経絡をコントロールする

(3)陰と陽の経絡は五臓・六腑へつながり、五行の関係にもとづきコントロールする
ここから発生したものが漢方

経絡に気が通じない場合は、経絡を整えて更に細かい経絡を整える
内臓の場合は、五行の関係により整える
内臓にいく、こまかな経絡に気が通じない場合は、漢方を使って整える

(4)陰と陽の経絡をとおして、体の全身に行く部分を整える
ここから発生したものがハリ
手足にいく、こまかな経絡に気が通じない場合は、はりを使って整える

(5)東洋医学の3本柱

東洋医学の3本柱 Topに戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功