気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

→東洋医学の基礎-1
  陰陽五行(その1)
→東洋医学の基礎-2
  陰陽五行(その2)
→東洋医学の基礎-3
  陰陽五行(その3)
*クリックで
各ページへ
→東洋医学の基礎-4
  陰陽五行(その4)
→東洋医学の基礎-5
  陰陽五行(その5)
→東洋医学の基礎-6
  陰陽五行(その6)
→東洋医学の基礎-7
  陰陽五行(その7)
→東洋医学の基礎-8
  陰陽五行(その8)
→東洋医学の基礎-9
  陰陽五行(その9)

東洋医学の基礎―4

陰陽五行(その4)

1.陰症と実症

陰症(陰が多い状態) 陽症(陽が多い状態)

循環が悪くなり、いらいら、むくみ、お腹が張る、冷え性、など発生

疲れやすい、手足がだるい、熱っぽくなる、など発生

 

2.実症と虚症

実症と虚症

実症 : 陽(陰)は変わらないが、陰(陽)が実際に増える本当の 陰(陽)症
虚症 : 陽(陰)が少なくなり、陰(陽)が見ため増える偽りの 陰(陽)症

 

3.血圧の例

正常血圧を、最高血圧:150、最低血圧:80とすると

  • 最高:180、最低:80  →  陽が高く、陰は変わらず = 陽の実症
  • 最高:150、最低:110 →  陰が高く、陽は変わらず = 陰の実症
  • 最高:180、最低:110 →  陰も陽も高い      = 陰陽症

 

4.漢方の治療法

漢方の治療法

 

5.肝炎の治療例

肝炎の治療例

腎と心の陽を流す。
  腎の陽を流し(陽は水分を出す)、心の陽を流す(陽は心を遅くする)。
  肝の負担を軽くし(休ませ)回復させる。
  腎と心につながる陰の経絡を閉じて、陽の経絡を開いて陽を流す。

 

6.東洋医学では辯証(べんしょう)論
  という方法で表す

辯証(べんしょう)論 Topに戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功