気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

→採氣法-1 →採氣法-2 →採氣法-3 *クリックで
各ページへ
     

採氣法-3 気を取り入れる

1.気を取り入れる

(1)太陽の氣  1.三吐納法  2.棒氣貫頂法

(2)地球の氣  1.采氣補腎(ほうじん)法

(3)混和の氣  1.陰陽五行採気法

 

2.三吐納法

※ 採気する前に経絡を整える

三吐納法-1
  • 足を肩幅に開いて太陽に向かって立ち、眼を閉じる。
  • 手は体の横におき、ゆっくり前に出し、頭の上まで上げる。
  • その時、呼吸は吸いながら行う。
三吐納法-2
  • 手を頭の上に持ってきたら、やや膝を曲げて手は虎の手の形にして、
    太陽を掴むような感じでエネルギーをつかんで、労宮から丹田に入れる。
  • 丹田に感じながら何度も繰返す。
  • その時、呼吸は深呼吸で吸いながら行う。
三吐納法-3
  • 両手を頭の上から、手のひらを体にむけて、ゆっくりと丹田の位置まで降ろす。
  • そして、丹田を両手で押さえ気を収納する。
  • その時、呼吸は吐きながら行う。
  • 上記の採気を7、8分かけて3回繰返す。

 

3.棒氣貫頂法

棒気貫頂法-1
  • 足を肩幅に開いて太陽に向かって立ち、眼を閉じる。
  • 手は体の横におき、ゆっくり横に出し、頭の上まで上げる。
  • その時、手のひらは上に、呼吸は吸いながら行う。
棒気貫頂法-2
  • 両手で太陽をつかみ、エネルギーを頭から押し込み丹田に入れる。
  • その時、呼吸は吐きながら行い、丹田に感じながら何度も繰返す。
棒気貫頂法-3
  • 両手を頭の上から、手のひらを体にむけて、ゆっくりと丹田の位置まで降ろす。
  • そして、丹田を両手で押さえ気を収納する。
  • その時、呼吸は吐きながら行う。
  • 上記の採気を7、8分かけて3回繰返す。

 

4.采氣補腎法

采氣補腎法-1
  • 体を北か南に向けれ椅子に浅く座り、眼を閉じる。
  • 手は体の横にたらし、手のひらは下に向ける。
  • 足の裏をべったりと地面につける。
  • 徐々に体を前に倒し、地球のマグマのエネルギーを感じ、しばらくそののままの姿勢でいる。
采氣補腎法-2
  • 両手と両足からエネルギーを吸い上げ丹田に入れる。
  • エネルギーを吸い上げるとき、足の踵を浮かせて、息を吸い上げながら一息で丹田に入れる。
  • 両手を丹田にあて収めた後に、両手を背中に回し両腎臓部分をさする。

 

5.采氣したかどうかの確認

采氣したかどうかの確認
  • 丹田に集めた気を経絡を通して両手労宮に集める。
  • 両手を向かい合わせて気のボールを感じればOK。 しびれ、弾力性、温かさ、など
  • 両手を合わせ手に集めた気を丹田に戻す。

 

6.氣の性質

 

感覚

気の効果

その他

太陽の気

軽い

鋭い

内臓以外

通りやすい

減りやすい

地球の気

重い

鈍い

内臓部分

減りにくい

気の性質
  • 采気した気は浄化(少周天、大周天)することで、気を精錬し、より鋭い気となる。
  • 浄化した気は腎臓へ貯える。
  • 体内に溜まった太陽の気、または地球の気は状況に応じて丹田から取り出し、状況に応じて使い分ける。

 

7.採気時の呼吸の取り方(補足)

ケース1

採気時の呼吸の取り方(補足)-1
  • 息を吸いながら採気した気を丹田に収め、吐くときは意識しない。

ケース2

採気時の呼吸の取り方(補足)-2
  • 1.息を吸いながら採気した気を中丹田に収める
  • 2.中丹田に収めた気を、息を吐きながら丹田に収める
Topに戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功