気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

入静稽古-1

→入静稽古-1 →入静稽古-2   *クリックで
各ページへ
     

神経の生理学の角度から見て、各種の内外の興奮を引き起こす神経は衝動的にすべて脳幹の網状構造などを通って四方に拡散して大脳皮質へ伝導することができ、広範な興奮を引き起こし、はっきりした効果を維持します。この神経の衝動的に伝導する措置を遮断することがあるので静かに稽古に入ることが効果を促進することが期待できます。
外部の興奮を引き起こす要因は主に視覚、聴覚、嗅覚、味覚、皮膚の感覚などで、80%以上の感じる情報は視覚と聴覚から来ます。そのため視覚・聴覚の措置としては、音を遮断できる静かな環境を選択することが導入を助けます。良性の視覚が入ることは良いことで、例えば聞いて楽しい音楽や美しい蘭などです。
次に内部の興奮を遮断することが必要でこれらの措置は2つあります。
一つはは自発的に筋肉をリラックスすることで筋肉の緊張して引き起こす筋肉の梭が中枢に伝導する神経に向って興奮を減らすことができます。一般的に横式で静かな功は最も筋肉をリラックスする効果を達成することができます。そのため初めて学んで気功者が先にすることが可能なことは横式の静は修行することです。しかし初心者は自動制御の能力が悪いため、練静の功に横たわっている時睡眠状態に入りやすくて、だから一定の時間の運動を経なければならなく、ほど良く意識をようやく異なってはっきり睡眠の気功と静かな状態に入ることを維持することができます。
 もう一つは稽古をする時の精神状態をうまく調整するのです。
 その次に主観的に成功を急ぐことを避け、ひたすらリラックスすることで、反対に精神が緊迫(緊張)していると、妨げになります。
上述の2種類は免れるべき精神状態で、3種類の利用することができる良性の精神状態の調節の手段があります。
 その一として稽古をする時、気持ちがのびのびしていることを維持します。
 その2は修行することであり、合った意を採用する方法。それとも多種から1種選択して使用するかであろうと、すべてやり遂げなければなりません。“意図的なに似て、無の意に似る”,“助けるなかれを忘れるなかれ”、“欲張りであるなかれ求めるなかれ”。成功を急いで、意図が過ぎるのは強く、気功の中で“念を入れて”と称して、静かな重要な障害に入るのです。
 その3は自発的に良性の自己の暗示の手段を利用するのです。例えば静かな夜を想像し、緑の草むらの中で立ちます……
以上の方法が運用する時情勢に応じて有利に導くことができ、順を追って一歩一歩進め、せっかちになってはいけません。一定の時間の鍛錬を経過する、方法の熟練にしたがって、ひとつを形成して自己の心の身の平衡がとれている条件反射に利益があり、静かなことに入ることはもう難しい事ではありません。



Topに戻る


当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功