気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

  *クリックで各ページへ
→チベット密教-1
  チベット密教とは
→チベット密教-2
  歴史
→チベット密教-3
  練習法
→チベット密教-4
  医学概念 脈と明点
→チベット密教-5
  医学概念 輪
→チベット密教-6
  医学概念 気と体液
→チベット密教-7
  医学概念 明点
→チベット密教-8
  医学概念 復習
→チベット密教-9
  練習法(口密)
→チベット密教-10
  練習法(口密-2)
→チベット密教-11
  練習法(口密-3)
→チベット密教-12
  練習法(口密-4)
→チベット密教-13
  練習法(意密-1)
→チベット密教-14
  練習法(意密-2)
→チベット密教-15
  練習法(手印-1)
→チベット密教-16
  練習法(手印-2)
→チベット密教-17
  瞑想法
     

チベット密教-17 チベット密教の瞑想法(六字観音菩薩の瞑想)

六字観音菩薩の瞑想

1.六字観音菩薩の真言

三字根本呪(唵啊吽(おんあほん))の変化したもの

※三字根本呪(唵啊吽(おんあほん))

  • 唵(おん)は宇宙のすべての生命エネルギー(現在の生命活動を支える)
  • 啊(あー)はすべての生命の始まりのエネルギー(生命が誕生する)
  • 吽(ほん)はすべての生命が持っている潜在的なエネルギー(内部に潜在している)
  • 最終的に宇宙に融合し一体化して唵(おん)になる

 

2.三字根本呪との違い

(1)根本音の啊(あー)がなく、唵(おん)と吽(ほん)が残る

  • 生命誕生の部分がない(啊(あー)がない) → すべての生命が始まって成熟し、宇宙に融合して一体化している
    (啊(あー)は唵(おん)に吸収)

 

(2)4文字増える

  • 残りの4文字が吽(ほん)を強調している → 潜在的なエネルギーを引き出す吸収)

 

3.真言のレベル(強さ)は根本音できまる

どの根本音がないかで、真言の強さがきまる     ※根本音:口の形、肺の使い方が同じ音

(1)唵啊吽(おんあほん) → 基礎レベル

(2)生命誕生のエネルギーが融合し、すでに自分自身に表れている
  → 啊(あー)は唵(おん)に吸収され、啊(あー)が必要ない(中レベル) → 六字観音菩薩

(3)潜在的なエネルギーを出して最大限に活用されている
  → 吽(ほん)は唵(おん)に吸収され、吽(ほん)が必要ない(高レベル)
  最高級の練習法大円満は唵(おん)だけ

 

4.六字観音菩薩の瞑想(練習法)

(1)身密
伽座法で七支坐の姿勢をとり、三振動(さんしんどう)、三声哈(さんせいは)を行い、入静状態に持っていく。
三字根本呪や、気功の練習法を使って、雑念を払い空の状態にもっていく。

手印

 

(2)口密
観音菩薩の六字呪語を、しばらくの間、声をだして唱った後に、次第に心の中で唱えていく。(有声から無声へ)

 

(3)意密(一番重要)

集中状態

  • 慈善心あふれる心をもって、菩薩を想像し、菩薩と一体化するイメージをもつ。
  • 菩薩(図参照)が自分の周りにいて、あたたかく自分を見つめている。
  • 菩薩の言葉を聞きながら、深呼吸を通して、吸うときに、慈善心をもった愛する心を自分の中に取り入れ吐くときに、自分の中の不正な心を追い払う。

瞑想状態

  • 自分が菩薩になり、菩薩は自分である菩薩と一体化した状態。

 

Topに戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功