気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

  *クリックで各ページへ
→チベット密教-1
  チベット密教とは
→チベット密教-2
  歴史
→チベット密教-3
  練習法
→チベット密教-4
  医学概念 脈と明点
→チベット密教-5
  医学概念 輪
→チベット密教-6
  医学概念 気と体液
→チベット密教-7
  医学概念 明点
→チベット密教-8
  医学概念 復習
→チベット密教-9
  練習法(口密)
→チベット密教-10
  練習法(口密-2)
→チベット密教-11
  練習法(口密-3)
→チベット密教-12
  練習法(口密-4)
→チベット密教-13
  練習法(意密-1)
→チベット密教-14
  練習法(意密-2)
→チベット密教-15
  練習法(手印-1)
→チベット密教-16
  練習法(手印-2)
→チベット密教-17
  瞑想法
     

チベット密教-15 チベット密教の練習法(手印-1)

1.手印

十本の指をそれぞれ組み合わせて、一定の形を作ることを手印という。

  • 手印は、印相、契印(けついん)ともいう。
  • 菩薩が手中で持つ物は印(輪、鈴、金剛棒、蓮花など)

 

(1)五本の指は五大を意味する

五本の指は五大を意味する

 

(2)右手と左手

  • 右手は慧(えい)(性)  知恵を理解して溶け込んでゆく(悟性)
  • 左手は定(さだめ)     一定、決まり、規則

 

(3)手印は五大と慧(えい)・定(さだめ)の組み合わせ

手の平と10本の指は無量、無限を表す。すなわち宇宙の表れ
  十本の指の動きは曲げる、伸ばすなどを組み合わせ
  礼・義、病の治療、呪、事業の成功、祝などを表す。すなわち天と地の変化の表れ

一般に紹介される組み合わせは300種類
  最も使う組み合わせ16種類

 

(4)手印は“表里如一”(表と裏は一つになる)

外相(手印)と内相(心)が一体にならないと手印の効果が表れない
  手印は身の具体的な表れ(外相)
  本心は佛、菩薩の内相

本心と通じ精神統一することで、手印の機能を発揮できる
  本心を通じて菩薩が心中に入り込み、自分が菩薩と一体化する   ( 菩薩 ←→ 手印 ←→ 心 )

 

(5)表裏合一

  • 宇宙のエネルギーが手印によって体内に入る。
  • 体内の不備(悪い)のエネルギーを手印によって体外に出す。

 すなわち宇宙エネルギーと自分エネルギーが手印により合一する。
 ( 宇宙エネルギー ←→ 手印 ←→ 自分エネルギー )
  宇宙と一体化して循環(気功の新陳代謝と同じ)

 

2.手印の型(16種類)

手印は印母(いんぼ)から生まれた
最も使われている16種類の手印は十二合掌、四種拳からなる

  • 堅実合掌  両手を合わせ、手の平を隙間なく合わせた合掌
  • 虚心合掌  両手を合わせ、両手の平を少しあけた合掌
  • 未敷蓮合掌 虚心合掌よりも、両手の平をあけた合掌
  • 初割蓮合掌 未敷蓮合掌の状態から人差指、中指、薬指を蓮の花が開くように離した合掌
手印の型-四種拳

 

Topに戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功