気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功の基礎知識

  *クリックで各ページへ
→チベット密教-1
  チベット密教とは
→チベット密教-2
  歴史
→チベット密教-3
  練習法
→チベット密教-4
  医学概念 脈と明点
→チベット密教-5
  医学概念 輪
→チベット密教-6
  医学概念 気と体液
→チベット密教-7
  医学概念 明点
→チベット密教-8
  医学概念 復習
→チベット密教-9
  練習法(口密)
→チベット密教-10
  練習法(口密-2)
→チベット密教-11
  練習法(口密-3)
→チベット密教-12
  練習法(口密-4)
→チベット密教-13
  練習法(意密-1)
→チベット密教-14
  練習法(意密-2)
→チベット密教-15
  練習法(手印-1)
→チベット密教-16
  練習法(手印-2)
→チベット密教-17
  瞑想法
     

チベット密教-13 チベット密教の練習法(意密-1)

1.チベット密教の考え方

唵(おん)は宇宙のすべてであり、啊(あー)と吽(ほん)は最終的に宇宙に吸収され唵(おん)となる

最終的には一つの宇宙(唵(おん))に統一

六字呪(唵(おん)啊(あー)咪(み)唄(べ)咪(み)吽(ほん))は唵(おん)を発展させたもの

 

2.唵(おん)啊(あー)吽(ほん)の機能

  • おん)の音は、脳(ホルモン)に刺激を与える
    頭痛、更年期障害(ホルモン低下)、風邪、目が疲れる、不眠、など
  • 啊(あー)の音は、脈に振動を与え、詰っている物を取り除き脈をひらく、脈の循環を良くする
    肩こり、腰痛、五臓・腎臓、脳梗塞、静脈瘤、歯が痛い(痛みは通らないから痛い)、
    呼吸困難、花粉症、など
    経絡を通す
  • 吽(ほん)の音は、潜在能力を引き出してパワーアップする
    自律神経失調(下から戻す)、体がだるい、など
    外気をもっとパワーアップする

 

3.意密とは

三密の中で一番重要(心が重要)
心力(念力)を使い、記憶、印象、幻想、集中などを総合的にミックスして使用すること

  • 記憶 : 風景、文字などの記憶
  • 印象 : 絵画などの印象
  • 幻想 : 想像する世界
  • 集中 : 集中力

 

4.意密を具現化する3つの方法

記憶、印象、幻想などはハッキリしないため、ハッキリするまで集中力を鍛える
その集中力を高めるための方法(気功と似ている)

  • 朦朧状態の全体を想像して、ハッキリした全体が見えるまで想像する
      例.ハッキリしない宇宙全体を、ハッキリ見えるまで想像する
  • ハッキリした部分をつけ加えることによって、全体がハッキリするまで想像する
      例.太陽系を想像する。月と地球はハッキリわかるが、全体がハッキリしない
        絵を想像する。川、木、馬はわかるが絵の全体がハッキリしない
         → 部分に分けてハッキリさせ、それらを総合して全体をハッキリさせる
  • 長時間凝視(仏像、絵など)し、常に思い出せる状態にする
      例.文字や仏像、絵など同じものを凝視する。
        頭の中に強い印象を残して、常に映像として頭に写しだす

 

5.意識のレベル

  • 第一レベル : 雑念から念へ
       雑念を追い払い、集中して、念に変える
  • 第二レベル : 天空、地人すべて空へ
       天と地、空間と人間のすべてを空にする
  • 第三レベル : 融合(小我から大我に変わるとき、すべて合一)
       我がなくなる
       禅の世界に近い

 

Topに戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功