気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功とは

気について-6 精・氣・神(五感の能力を引き出す)

1.精・氣・神の練習は、気功の練習とは違う

精・氣・神はその人が持っている潜在能力を測るための標準となる概念レベル

精のレベルから神のレベル

気功の世界で説明すると・・・

気功法(手段)で自己の潜在能力を引き出し、精・氣・神のレベル(目的)に近づけること

精のレベルから神のレベル-2

貯えた精を引き出して、循環させ、氣を活用し増強する
(例:貯金を引き出し、投資・運用し、元本を増やす)

増強した気を使って潜在能力を
引き出す
(元本のみでは潜在能力は引き出せない)

2.五感を強くする(人間の持っている能力を引き出す第一歩)

五竅(ごきょう)七竅(ななきょう) 五竅(ごきょう)七竅(ななきょう)-2

 

3.五竅(ごきょう)を開竅し、能力を引出す練習

五竅(ごきょう)を開竅するためには、七竅(ななきょう)の残りの労宮、涌泉を閉じて、すべてのエネルギーを脳に集中させる 手のひら(労宮)と足のうら(涌泉)をあわせて、洩れないようにし、循環している気を脳に集める 労宮と涌泉が交わると、陽と陰の気がぶつかり爆発する が、交わったエネルギーをすべて脳にもってゆき爆発させる

 

  • 足はあぐら(または半架坐)ですわり、手の労宮と足の涌泉を合わせる
  • 呼吸は深呼吸で、吸うときに引出したエネルギーを脳に持ってゆくように意識し、吐くときには意識しない
  • 15分続ける
  • 水道水を練習前と練習後に飲んで、臭覚と味覚がどのくらい変わったかをチェックする。
    ジュースなど味のあるもののほうが、チェックがしやすい

・水道水に気を入れると、ミネラルウォーターよりも美味しくなる。但し、一時的
・気功を練習している部屋に水を入れたコップを置いておくと、気功水ができる。

目次に戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功