気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功とは

気について-5 精・氣・神(精を引き出す)

1.3つの丹田と三関

固本化精 (生命活動の基礎を固める)
  ↓
以本化精 (本来持っているエネルギー引出し精に化けさせる)

 

1.精から気にする練習法 (気の活用、循環)

持っている精を最大限に引き出して活用するための道を作る

  • 通りずらい三関(尾閭(びりょ)、夾脊(きょうせき)、玉枕(ぎょくちん))を意識で通し、百会と涌泉を開くことで気の流れを良くし、天と地の循環につながる
精から気にする練習法

2.準備

百会、涌泉、尾閭(びりょ)、夾脊(きょうせき)、玉枕(ぎょくちん)をそれぞれ意守する(2~3分)
足はあぐらか半架坐で組み、手は親指を曲げて労宮につけ、他の指は互いに合わせて
中丹田の位置で合掌、目は軽くつぶる

 

3.百会と涌泉を開き、気を流す

足はあぐらか半架坐で組み、目は軽くつぶる

  • 百会から吸う(5分)
    手は親指を曲げて労宮につけ、他の指は互いに合わせて、丹田の位置で合掌する
    呼吸は吸うときだけ意識し、吐くときは意識しない
  • 涌泉から吐く(5分)
    手の形は百会と同じで、上丹田の位置で合掌する
    呼吸は吐くときだけ意識し、吸う時は意識しない

 

4.練習の時間は5分と決める必要はなく、自分で練習するときには
  20分、30分でもよい

 

5.練習後、手と手の間がつながるような感覚がえられる

目次に戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功