気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

気功とは

気について-1

1.気の構成 〜家にたとえると

気の構成-家にたとえると

2.気(体内の気)

気(体内の気)
体内の気の方位は3種類
細胞活動の動き

3.体内の気と血液と病気

人間の活動 → 部分オーラの波動でキャッチ
地球の活動 → 磁場の動きでキャッチ

細胞の働き
生物磁場の波動 → オーラの変化

波動が正常 → 血液循環が良くなる
 〃 異常 →   〃  悪くなる → 体内に栄養がいかない → 病気
                    気が流れない

気を流す → 血液の流れが良くなる → 体内に栄養がいきわたる → 修復

  波動小 → 細胞は死亡
   波動大 → 細胞は変形  すべての部分を整えることが大事

4.気と病気

気(正気)⇔ 病気の気

波長グラフ-1
波長グラフ-2

正常範囲より高い場合 : 細胞活動が盛んなため病気の判断がしやすい
             例.がん、熱性の病気

正常範囲より低い場合 : 細胞活動が弱いため病気の判断が難しい
             例.潰瘍、冷え性

病院では6割の病気はすぐ診断できないが、気の診断では可能

目次に戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功