気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

自宅でできる気功法

第6感 その1

このページでは自宅で簡単にできる気功法を紹介していきます。 肩こりや腰痛などの解消にも効果的です。

1.人間が基本的情報を得るところ

1分間に6000の情報を入れることが可能。(五感:目・耳・鼻・舌・皮膚)そのうちの9割の情報は目から入る。

  • 目で見て脳が情報をキャッチするまでの時間は1/500秒(0.002秒)
  • 体で感じるまでの時間は0.06秒
   

脳に入った情報は、脳の引き出しへ入れられる。

  • 最近の情報
  • 頻繁に入ってくる情報
  • たまにしか入ってこない情報

 

2.外部から情報をキャッチするときに変化するもの → 脳波の波長が違ってくる

  • 正常波  8〜15Hz

  • α波   15〜23Hz   リラックス状態になったときにあらわれる
  • β波   3〜8Hz     興奮状態になったときにあらわれる
  • θ波   1.5〜3Hz   恐怖状態になったときにあらわれる
脳波-α波とβ波

 

3.脳に与える情報

目を閉じて(五感を閉じて)悪い情報を入れないで、良い情報のみ取り入れる。
脳で考える良い情報とは、情報量が少なくて単純な状態にもっていけるもの。
0か1を考えることが、脳が一番リラックスし安静になり、様々な変化を生むことが可能

  • (実験1) 1,2,3・・・・9まで数えてから9,8,7・・・・1まで数える
    脳に障害がない限りスムーズに言葉に出して数えることができる。
  • (実験2) 11,22,33・・・・99 → 99,88,77・・・・11と同様に
    何となく障害があってスムーズに数えることが出来ない。
  • (実験3) 1+1は2、2+2は4、4+4は8・・・・8192+8192は16384
    脳が麻痺して他のことを考える余裕がなく受け入れなくなる。

 

4.脳をリラックスさせる練習

  • (練習1)椅子に浅く座って基本姿勢になり、頭の中で 1の数だけ考える。 手と手の間に感じるものがある。
  • (練習2)同じく、頭の中で○(まる)を考える。 練習1よりも感じる。
  • (練習3)練習2に呼吸を加える。
    吸うときに手と手の間隔を広げ、吐くときに手と手の間隔を狭める。
  • (練習4)2人で向かい合って、頭のなかでマルを考えながら右手を上、左手を下にして互いの右手、左手を合わせ、吸うときに手と手の間隔を広げ、吐くときに 手と手の間隔を狭める。
  • (練習5)皆で輪になって、頭のなかでマルを考えながら 右手を上、左手を下にして隣の人と、互いの手を合わせて、鎖の輪を作り、吸うときに手と手の間隔を広げ、吐くときに手と手の間隔を狭める。
脳をリラックスさせる練習
  • (練習6)手に真っ赤に燃えたボールをもっているようイメージし吸うときに手と手の間にあるボールを横に引っ張り、吐くときに手と手の間のボールを押しつぶす。
脳をリラックスさせる練習-2
  • (練習7)真っ赤に燃えたボールが脳の空間で呼吸にあわせて回っているようイメージし、吸うときに時計回りにまわり吐くときに時計と逆回りにまわる。 丹田に感じるものがある。
脳をリラックスさせる練習-3

 

5.テレパシー

テレパシー

テレパシーは人間がもともと持っている能力。人間が進化して必要性がなくなり退化して忘れ去ってしまった機能。

遠隔気功もこの方法と同じ。

部屋を真っ暗にして見ると、緑っぽい連続線になってうっすらと見える。
強ければ線は太く、弱ければ煙になって届かない。

 

6.まとめ

第六感は第三の目を通して感じる。

第六感はリラックス状態でないと働かせない。
  リラックス状態になると脳を休ませる時間が長くなり、受信体が出来る。
  さらに、波長が長ければ発信体になることができる。

 

目次に戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功