気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

自宅でできる気功法

静功 〜 練習方法

このページでは自宅で簡単にできる気功法を紹介していきます。 肩こりや腰痛などの解消にも効果的です。

1.意識(考える)の共通尺度

・気になる
・意識する
・考える
・意守
・気になってしょうがない
・考え込む

区別するための共通のポイント(尺度)は?

意識する(考える)長さ

時間 

 

2.意守の守

守

 は当時最小の単位を表し、不動(これ以上動かせない)の意味をもつ

意守丹田とは、丹田に意識を守り続け動かないこと

 

3.静功(気功瞑想)の練習

(1)姿勢

静功(気功瞑想)の練習-1 静功(気功瞑想)の練習-2

静功(気功瞑想)の練習-3

 

  • イスの1/4のところに浅く座り、胸をはらずに、いくらか背をまるめ、らくな姿勢をとる。
  • 腹を少しへこませ、あごをひいて、舌の先を上の歯茎の裏に軽くつけ、目を軽く閉じて楽な姿勢をとる
  • 両脇をやや開け、手は臍のあたりに男性は左手を上、女性は右手を上にして 重ねておく。
  • 足は肩幅に広げて膝を直角に曲げ、つま先をやや「ハ」の字になるように 内側に向けて、指先で床をつかむようにする。

(2)入静
深呼吸をしながら、体中の筋肉をゆるめ、心身の緊張を解いてゆったりとくつろいだ状態に もってゆく。
(音楽を聴きながら、誘導されながら、腹式呼吸で)
次第に呼吸は深く長くなり、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下がり体温は下がる。
眠くなるような、目を開けたくないようなボヤーとした感じになる。

(3)雑念を払う
自分の呼吸を数えたり、自分の呼吸を聞くなどの方法で、雑念を取り除く。

(4)意守丹田
丹田に火のボールを入れ、回りながら次第に熱くなり大きく膨らむのを感じる。
大きく膨らんだら、小さく圧縮してから、繰り返す。

(5)収功
丹田に両手を重ねて深呼吸する。(吸う時はお腹を抑え、吐くときは離す)

目次に戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功