気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

自宅でできる気功法

静功~気功瞑想トレーニング

このページでは自宅で簡単にできる気功法を紹介していきます。 肩こりや腰痛などの解消にも効果的です。

1.静功のステップ

  • ステップ1 : 入静 ~ 基礎代謝を下げる
  • ステップ2 : イメージトレーニング ~ 雑念をはらう
                              音楽を聴く、深呼吸、延長呼吸
                              脳を意識し無の状態に
  • ステップ3 : 調心 ~ 上丹田(印堂から奥へ4、5cmのところ)
                    中丹田(膻中から奥へ2、3cmのところ)
                    下丹田(臍下5cmから奥へ4、5cmのところ)
                    その他(労宮、涌泉など)

※ 印堂:左右の眉毛の真中にあるツボ
  膻中:左右の乳首の真中にあるツボ

※ 調心:五心、重心のこと
  五心:両手の平にある労宮(手の心)、両足裏にある涌泉(足の心)、下丹田(体の心)

※ 深呼吸:酸素(きれいな気)を取り入れて、脳を刺激し活性化する
  二酸化炭素(汚い気)を吐き出し、体をきれいにする

2.瞑想時の意識

吸うときに丹田を意識する → 体の中に気を貯め、外に出さないため
吐くときは意識しない

※ 意識することで皮膚細胞が開き吸収する体制をとることができる
  意識しなければ皮膚細胞が閉じて出て行かない

※ 無の状態:目を開けたくないボヤーとしている感じで、丹田を意識し続ける→意守丹田

※ 意守丹田:丹田に意識をずっと守って(保って)いくこと

 

3.創造力、集中力、意識の力を高める練習

・目を閉じて、意識の力で強くイメージする

・自分だけの意識では難しい場合は、第三者の誘導で行ってもよい

  • 練習1:意識の力だけで自分の手の、指の長さを短くしたり、長くしたりする
         相手に対して行う(但し、相手はそのことも考えない)
  • 練習2:両手の平を強い接着剤をつけ合せて、一体となり離れない
  • 練習3:座った姿勢で、片脚に重いものを乗せて、足が地面にめり込む
  • 練習4:左手に火のボールを持って、次第に熱くなって手が膨張する
         その後、左手の火のボールを右手に移し、同様に行う
創造力、集中力、意識の力を高める練習

 

4.瞑想の調身(姿勢)

瞑想の調身(姿勢)

※ イス1/4のところに座る
    会陰のあたる位置に座ると、肛門がしまり腎臓を刺激する
    気は丹田に集まり、腎臓に貯蔵する

※ 足はやや内股で、涌泉を向い合せ床につけない
    涌泉から気を逃がさないようにし、涌泉を通して両足の気を循環させる

 

5.瞑想の調息、調心(意守丹田)

  • 丹田に火のボールを入れる
  • 次第に熱くなり、大きくなって、お腹が膨らむのを意識する
  • 深呼吸をし、吸うときは火のボールがゆっくりと回り、次第に速くなるの意識する
    吐くときは何も意識しない
  • 次第に深呼吸から延長呼吸になり、次第に火のボールはゆっくりと停止する

 

6.気が集まったかどうかの確認

  • 丹田に集めた気を、左手の手のひらに集め、ピンポン玉くらいに圧縮して握る
  • 右手をひらき、右手に向かって左手を一気に開く
  • 右手に圧力、熱、しびれ などを感じれば気が集まったことになる。

※ 洗面器に水を貯め、水の中で労宮から気を出すと、次第に水が濁ってくる。→ 雑気

目次に戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功