気功教室と気功治療の気功メディカルセンター/気功療法を、痩身(ダイエット)、癒し、健康増進、難病に/東中野駅前

ご案内 気功と身体 自宅でできる気功法 気功の基礎知識
→サイトマップ
ご案内
→センター紹介
→気功師プロフィール
→当センターの特長
→スクール案内
→気功愛好会 会員募集
→時間割表と料金システム
→マスコミの紹介
→アクセスマップ
→お問い合わせ
気功とは
→気について
→気功の五臓六腑
気功と身体
→気功の適応症
→気功と痩身
→ダイエット成功例
→気功と癌
→気功で難病を治す
自宅でできる気功
→自宅でできる気功法
気功の基礎知識
→東洋医学の基礎と観点
→東洋医学と西洋医学
→気功の基礎練習法
→禅と気功
→採気法
→チベット密教と気功
→経路
→小周天
その他の情報
→よくあるご質問
→リンク
→個人情報保護方針について

東中野の気功メディカルセンターは気功で健康増進、痩身(ダイエット)、癒し、難病に取り組んでいます

自宅でできる気功法

生活気功法-(腰痛解消-2)

1.采気法

采気の対象

  • 太陽 : 午前9時から11時の間
          代表的なものとして三吐納法がある
  • 月   : 満月の日(陰暦の13日から16日の間)
  • 地球 : 夜間
  • 樹木 : 一般的に柏の木、松の木が使われる
          樹齢の長いほど良い

 

2.三吐納法(さんとのうほう)(太陽のエネルギー采気法)

特長:呼吸とイメージを合わせて同時に行うシンプルで簡単、誰でもすぐできる、雨の日でもできる

三吐納法(さんとのうほう)-1

両足を肩幅に開いて軽く膝を曲げ重心を踵におく。 手は体の横におき、眼を閉じて太陽に向かって立つ。 息を吸いながら両手をゆっくりと前に出し、気を感じながら頭の上まで上げる。 呼吸に合わせて行い、吸うときのみ意識しながら動作する。吐くときは気にしない。

三吐納法(さんとのうほう)-2

手を頭の上に持ってきたら、手は虎の手の形にして、太陽の真中のエネルギーを掴み出すようにイメージして、太陽のエネルギーを、息を吸いながら労宮から入れ、経絡を通して丹田に収める。 丹田にエネルギーを感じながら何度も繰返す。 呼吸は深呼吸で、吸うときのみ意識する。

三吐納法(さんとのうほう)-3

手のひらを体にむけて、ゆっくりと息を吐きながら胸の前を丹田の位置まで降ろす。 丹田を両手で押さえエネルギーを収める。 呼吸は吐くときのみ意識する。 上記の一連の動作を3回(三吐納)、または3の倍数回繰返す。

 

3.腰痛

種類

  • 椎間板ヘルニア(青年期、壮年期)
  • 脊椎分離症(青年期、壮年期)
  • 硬膜狭窄症(壮年期、老年期)
  • 脊椎断裂症(老年期)
  • 骨粗鬆症(老年期)
  • すべり症(その他)
  • 変形性関節症(その他)
  • 椎間板ヘルニア:脊椎と脊椎のクッションの役割をする椎間板が圧迫され破けて①の穴を通る神経根に触れる
  • 硬膜狭窄症:①の穴の周りにあり神経を保護する硬膜が狭くなり中を通る神経根を圧迫する
  • 脊椎分離症:②の突起部が欠けて腰椎が不安定になり、腰痛を引き起こす
  • すべり症:②の突起部が複数欠け、分離した③の椎体が前へすべってしまい腰痛を引き起こす

 

4.気功治療

一般的な気功治療法を行う。(症状別の治療は、判断が難しく治療法も異なり難しい)

腰痛解消法

椅子に座り、足をもう一つの椅子に乗せてリラックスした状態で、腰から気を送り足の経絡を通して涌泉から出す。左右別々に5、6分行う。 しばらくすると涌泉の付近が暖かくなったり、冷たくなったり、しびれたりする。 その人の症状により感じかたは異なる。

 

目次に戻る

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright (C)  2009 気功メディカルセンター All rights reserved 気功